今まで糖尿病食を作っていたけれど…宅配にしてよかった

今までは、自分で糖尿病食を毎日作っていたのですが宅配サービスに切り替えをしたと言うお話しをご紹介させて頂きたいと思います。

神奈川県にお住まいのJさん。

Jさんは一緒に住んでいる父親が数年前に糖尿病となり、その合併症で足腰にも負担が来ていたとの事です。

もちろん食事制限もせねばならない状態であったのでJさんは栄養士の在籍している糖尿病食の料理教室や、自身でも本を見ながら毎日料理をしていたそうです。

しかしパートに勤めていたJさんに取っては毎日の料理や教室へ通う事はとても大変で辛いものでした。

ある日ネットで糖尿病食のレシピを調べていると、宅配サービスのサイトが目に留まりました。

Jさんとしては「きっと高いのだろうな…」と思っていたのですが、思ったよりもリーズナブルでありお試しで数食分だけの取り寄せも出来るとありました。

物は試しと思い1週間分取り寄せしさっそく食べてもらったところ、お父様もとても満足してくれたそうです。

味やボリュームも満足して頂けたし、一番気にしていた費用の面もそんなに痛くないとわかってからは様々なタイプの糖尿病食を購入したそうなのです。

料理教室を辞め、パートに専念する事も出来る様になった事で精神的にも安定したJさんは以前よりも更にお父様との関係がよくなったとの事でした。

この様に宅配サービスを使う事によって、単に料理の手間が省けると言うだけでなく良い塩梅を見つける事によって精神的にも安定する事に繋がるのです。

これから日本は超高齢者社会とも言われており、今よりも糖尿病がもっと身近になると思われます。

また高齢者だけではなく若い年代で糖尿病食が必要になるケースもあるので、宅配サービスについて知識を深める事は損では無いのです。

しかし膨大な数の宅配サービスがありますのでどの業者が自分に合うのかしっかり見極める必要があるのです。

リンク先のサイトにいくつかの業者をピックアップしているのですが、どれもクオリティ・サービス共に素晴らしい業者になります。